株式会社バルニバービの会社概要について

IR コンテンツメニュー

IR投資家向け情報

TOP MESSAGEトップメッセージ

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

当事業年度はバルニバービにとって新たな“進化期”となる1年になりました。
大津市(滋賀県)、奈良市といった新たな地方自治体との取り組みに加え、食、宿泊、観光を融合した大型複合施設や郊外ロードサイド店舗をリノベーション開発したモデル店舗など多様なプロジェクトの企画開発により、私たちならではのロケーション開拓による街の活性化を推進してまいりました。
また、平成28年8月には新たな店舗運営子会社を設立し、各運営子会社の単店舗または複数店舗を管理する取締役の増員を行い、今後の出店エリアの拡大や物件の大型化、複合化に伴う事業拡大を支える運営体制を強化することで、仲間の叶えたい「未来」をサポートするための体制も整えてまいりました。

当事業年度は9店舗の新規出店と既存店の順調な推移により、当社グループの売上高は9,824,627千円(前年同期比16.0%増)、営業利益 は605,264千円(同4.7%増)、経常利益は623,797千円(同5.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は 383,998千円(同7.7%増)と増収増益となりました。

来期におきましては、人財組織戦略、大型・複合化による新たな店舗開発への取り組み、また日本中にあふれているまだ見ぬ魅力あふれる“バッドロケーション”の開拓による地域創生ネットワークの形成を柱とし、既存の店舗運営子会社だけではなく、新たに当社グループに加わる(株)菊水、(株)リアルテイストとの相乗効果により更なる成長を図ってまいります。

株主・投資家の皆様には、さらなるご指導ご鞭撻を賜りますよう、社員一同心よりお願い申し上げます。

平成29年10月2日
株式会社バルニバービ 代表取締役社長
佐藤裕久 自筆